FC2ブログ

雲を纏う

雲を纏う
2021.01.26 16:49 雲を纏いて


天気は下り坂。
夕方、吾妻山の稜線に沿って雲が纏わりついていました。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと怖い空

身近で遠い空の様子を沢山見せていただいてますね。ありがとうございます。
わずか100㎞の大気なので、大事に大事に使わなくてはならないと痛感しています。
星空への招待、明日で見られなくなるんですね、残念です。
丁度、NHKアーカイブスで宮沢賢治をやっていて銀河鉄道の夜も新しい気分で読み直しました。
KTDを結成されたのは1983年でしたっけ。それより10年くらい前までは安芸郡江田島町と呉を行ったり来たりしてました。
同じ空をいつも仰いでいたのだなあ、と大昔のことを懐かしむことしきり・・・・・

KTD

お~ KTDとは懐かしいワード、 久しぶりに聞きましたw

その後、KTDの主要メンバー?と熊野町で集まって飲んだりしました
と言ってもあれは何年前だ? 10年にはなっていないと思いますが。

先週のブラタモリで呉の灰ヶ峰が出てきて、
去年の1月、ちょうど1年前に行ったなー と懐かしく思い出しました。
 
http://asao2.blog.fc2.com/blog-entry-1896.html

コロナがなければ帰省もする時期ですが、当面ムリです。

UFO?

呉に住み始めた1965年頃、灰が峰がUFOの基地になっているという大変な噂が飛び交いました。
興味深々のワタクシでしたが、2歳と0歳の子供のお母さんでしたから山に登ってみることも出来ず暇さえあれば2階の窓から山を観察していました。
そんなある日の日没直後、灰ケl峰の八合目辺りに紅く輝く強い光が動いているのが見えたのです。宇宙人だ‼と思いました、というか思いたかったのかも。2,3日続いて光は消えましたが、窓から、灰ケl峰を観察する癖は消えませんでした。赤く輝く光には色々説明があるかもしれませんが、私はUFO関連だと信じることにしています。

一年前にいかれたのですね?
私が住んでいた頃は登る人もあまりなく、何もない田舎町の山でした。

伝説

昔の灰ヶ峰は歩いて登るしかなったのでしょうか。
今は山頂までクルマで行けるのでお手軽な展望スポットです。

尖った形状の山にはよくUFO伝説のような逸話がありますね

実際、そういう場所に飛来してくるのかどうか分かりませんが・・・

私は見たことがありません。
未確認飛行物体って、たいてい何かの見間違いだったり、きちんと説明できる正体や理由があるものなんですよね~



PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter