FC2ブログ

3月1日 吾妻小富士

3月1日 吾妻小富士
2020.03.01 11:32


各家庭に「吾妻山火山防災マップ」 改定版が配布されました。

私の場合、噴火が起きた場合、「浄土平でどう対応するか」 ということしか考えていないので
ふもとの市内でどんな想定があり、どう避難するかといった事は
ほとんど分かっていなかったりします。。

市街地にまで被害が及ぶような大噴火が、前触れもなく、突然起きることはないだろう
という予想。 現在の監視体制なら、まずは前兆現象が観測されるはずです。
なので、一般の福島市民の皆さんは過度に心配することはないと思います。


が、浄土平は火口に近いのでそうはいかない。
突発的噴火時に、建物内にいれば、とりあえずなんとかしのげると思いますが
屋外にいた場合、どうだろう・・・
避難誘導は精一杯やりますが、命の保証は、ないかもしれません。
覚悟というほど大げさなものではありませんが、
そういう場所であることは自覚しながら仕事しています。

「火山防災マップ」を自分に関係しそうなところだけでも、目を通して
噴火時をイメージしておくことは有効かと思います。


・・・写真は吾妻小富士ですが、小富士は、噴火しそうかという意味では、危険な山ではありません。
“大穴火口”というと、吾妻小富士の火口をイメージされる方も多いようなのですが。。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あさおさま
こんばんわ、ももで~す。
吾妻山の噴火といえば、この間の御嶽山のような噴火でしょうかしらね?
だとすると噴石の飛ぶ範囲が被害の範囲となりそうです。
まあ、想定外もあるかもですが想定できないことには対策もできません。
今から半径50キロは全員避難というわけにもいきませんし。
できることに最善を尽くすだけですね。

噴火

福島市内で想定されるのは降灰と、大きな噴火の場合、火砕流等が到達する地域がありますが
相当大きな噴火の場合なので
前兆が観測されて、
警報なり、情報が出てから避難等の対応をするくらいの時間はあるはずです。

浄土平では噴石(の可能性)は避けられず、
避難できるかどうかも分からないので
対応マニュアルは別にありますが、現実になった際、どう対処できるか・・・

そのリスクを避けるための噴火警戒レベルだと思うので
とりあえず「レベル2」以上の発出の判断が適切に行われるよう願います。

PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter