FC2ブログ

直登コース復活を望む

一切経山 直登コース上部より望む
2008.10.13 10:48 吾妻小富士、浄土平周辺の展望

古い写真を引っぱり出してきた。

2008年11月11日の噴気発生以降、火山性ガスの危険性を考慮して通行止となっている
一切経山の直登コース(浄土平~酸ヶ平上の分岐)

ちなみに、もともと「一切経山への登山道」と呼んでいただけでコース名なんて無かったんですが
説明の都合上いつからか直登コース、稜線ルートなどと呼ばれていますが、
ここが閉鎖されて丸3年。

一切経山登山の行きか帰り、私は必ず利用していたコースです。
急登ですが、展望抜群。 
浄土平周辺で私がもっとも好きな場所と言っても過言ではありません。

そこを利用できないというのは非常に痛い!
登山のモチベーションにも影響しています。
行きと帰り、同じルートを引き返すのはイヤ、という方は多いんじゃないでしょうか? 私もそのクチ。


 
噴気はまだ上がっておりますが、そろそろ閉鎖解除を検討してもよいのでは?

浄土平ではSO2 など、火山性ガス濃度を常時観測していますが、昨年までは何度か5ppmを超えるような高い数値が出た日もあったようですが、今年はゼロ。
また風向きにもよるわけで、直登コースは危険だけど山頂は安全、鎌沼は大丈夫 というわけでもありません。
その日その時々の状況によるわけです。

火山観測の気象台職員はふつうに(?) 入山していきます。
いまの一切経山の火山活動が 特段危険度が上がっているわけではないのです。

ガス濃度の継続観測は続けつつ、直登コースの立入禁止措置は、来シーズンあたり、そろそろ解除してもよさそうな。。。
専門家のご意見を伺ってみたいと思います。


以上はあくまで個人的意見ですが、登山者を分散化して登山道の負荷軽減を図る意味でも。
また、気管支、心臓などに持病のある方への注意喚起は引き続き行なっていく必要はあります。


 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter