FC2ブログ

旅の余談

最終夜のオーロラ
2018.02.16 00:31 最終夜のオーロラ@キールナ



ここまで、なにかドラマチックな展開があるのでは?! と期待して長々と読んでくださった方が もし いたとしたら
申し訳ございませんっ 

冴えないオジサンの独りよがりな記録、感想に過ぎません。
旅行に役立つ一般的な情報は、やはりガイドブックやネット検索等でご覧になるのがよろしいかと思います。

オーロラの写真についても、同じツアーにけっこう本格的に撮っていらっしゃる方もいらしたので
もっと素晴らしいものが撮影されているのではないかと思います。

ワタシとしては、ふだんから星の写真は撮ったりしていますので
いつまでたっても上手く撮れませんが、星空写真の延長というか、機材的にもスマホをかざして撮ったものよりかは
オーロラをそこそこダイナミックに写し撮れたのではないかと思いつつ帰ってきました。

3夜の短い滞在で2夜連続見ることができたのだから、運も良かったのかなと思います。




帰路に
スウェーデンといえばボルボ(ストックホルム空港) / コペンハーゲン空港内のセブン。
帰りの空路 / 帰りもSAS(スカンジナビア航空)



このツアーは、29名の参加でした。
20代~60代、70代?くらいの方、女性のほうが多かったです。
通常ツアーでは食事の際などに皆が集まって自己紹介するような機会があるので、
どこから、どんな方が参加したのかおおむね分かりますが、今回はホテルの朝食もバイキングで自由席ですし
移動前の集合などを除き全員が一堂に会することもなかったので同じツアーとはいえ参加者のことは
ほぼ分からないままでした。
やはりある程度の年齢のご夫婦、友人同士が多く、クールな若者男子、ウチの近所のSさんのような女性、
『宇宙兄弟』の母(南波真弓さん)のような弾けた感じの方もいらっしゃったのは印象に残りましたw


ボルボとアルト
ボルボと日本車(スズキの軽、アルト)



北欧、スウェーデンといえば 私、大学の卒論のテーマが
日本の高齢者福祉と地方自治体の役割 というものであり、はるか昔の話で内容も忘れてしまいましたが
福祉先進国として北欧各国の事例を文献で、調べてみたことがありました。

あれから四半世紀、実際に訪ねることができたのは今回が初めてです。
目的も違うし、わずか数日の滞在で何かを語れるわけもありませんが、“高福祉”を支えるものとして
スウェーデンは公務員の比率が高く、福祉の分野で公務員として女性が多く活躍しているとのこと。
日本の公務員比率は約1割(これは先進国の中ではかなり低い、らしい)ですが、スウェーデンでは45%超とか。

男女平等ランキング2017」で世界トップクラスのスウェーデンに対し、日本は114位。
日本は女性の社会進出が遅れているとよく言われますが、この差はかなり大きなものです。
公務員の比率は高いほうがよいと言うわけではありませんが、一方日本は公務員の給与水準が高いそうで、
考え方によっては、日本では、少数の公務員が安定した生活を送りつつ、
収入も少ない一般市民が求めている施策を行うことができるのか?
ほんとうに自分が相手の立場にたって考えることができているか? 
社会のあちこちで平等とはいえないこと、格差を是正することについて
日本は本当に真剣に考えているでしょうか。 ・・・というような事を思うのでした。
(いまの日本は、目指している方向が少し違うように感じますよね)

物価が高いことも書きましたが、それで高福祉が提供できているとしたら、負担への理解も得られるでしょうし
些細なことのようですが、街の散歩でも感じることができたのは
「歩行者優先」の意識が徹底していて、道路を横断しようとすると、どの車も必ず停止して人を先に渡らせてくれます。
信号機のない横断歩道を安心して利用することができます。
スウェーデンでは当たり前なのでしょうが、日本と違うので 逆にこちらが恐縮してしまうくらいで、
(どうも、どうも、止まってもらってスミマセン、と
クルマに会釈しながら横断するのは日本人くらいでしょうか?w)
こういう他者に対する当たり前のような配慮も、暮らしやすさに直結していくのではないでしょうか。


隣接するノルウェー、フィンランドもどんな国なのだろう、と興味が湧きます。
またオーロラツアーへの参加を考えてみたいと思っているので
行き先は 自然はもちろん、国としても安心して訪問できる、魅力的なところがいいなあと思いますよね。


ホテル近くのペットトリミング屋さんホテル近くのペットトリミング屋さん
犬を飼っている人が多いのかも。 街で散歩させている光景をよく見かけました。


・・・思いつくままに書いていたら、最後は期せずして政治的な課題も含む話にもなってしまいましたが
余談はいつものことなので
また何か書き忘れたことなどあれば追加したいと思います。 とりあえずは、おしまい、です。


→ 目次はこちら Contents of “Kiruna tour” 



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter