FC2ブログ

症候群

ロシア上空2018.02.13 17:01 ロシア上空?


日本からの飛行機は、行きも帰りもSAS(スカンジナビア航空)  
北欧まで、大半はロシア上空を飛行していきます。

眼下の景色は一面雲だったり、山や川がときどき見えたりしつつ
この、翼の下に夕焼けー 的な眺めがずーっと、何時間も続きました。

もう日没だねー なんて思っていたら、ずーっと続くのでびっくり。 地球の自転を追いかけて一定方向へ飛び続ける
という状況だったのか。

通路側の席でしたが、窓側・左の席が空いていたので外が眺められたのはラッキーでした。
複数の旅行会社によるチャーター機だったようですが、満席にはならなかったようです。

通常、日本からスウェーデンへは首都ストックホルム行きというのがあるのかな?
(帰りは、ストックホルム~ コペンハーゲン経由~ 成田でした)
それが今回 往路については目的地キールナへの直行便なので、時間短縮になるし、便利でした。
といっても約10時間かかります。。。



SAS機内にて

機内食は2回で、合い間に間食?のサンドイッチも。

夕食だか昼食なのか、もう何食だか分からない状況でしたが、旅行中も、パンや乳製品など北欧のメニューはわたし的には
ふだんから好きな食べ物なので馴染めましたよ。


時間はたっぷりあるので、機内で映画を2本観ました。
2本とも日本の映画で、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 と、『ナミヤ雑貨店の奇蹟
家で見てるとほかの用事に気を取られたり中断したりするものですが、
ほかにすることもない機内ではわりと集中して観たような気がします。


ちなみに帰りは、機体中央に4席並んでいる通路側で、
通路側だったからまだマシですが、エコノミークラスの席ってなぜあんなに狭いのでしょうね?!
こんな席に押し込められて10何時間とかあり得ません。
イヤならビジネスクラスでも利用すれば? の声もあるでしょうが、飛行機の座席のあの格差っていったい・・・

“エコノミークラス症候群”なんて病名にもなっているくらいで、
航空会社は汚名返上、サービス向上しようとは思わないのでしょうか。
長距離便はとくに、エコノミークラスでも日本の新幹線くらい座席に余裕があってもよいのでは?!
となりの人が席を立って譲らなければ通路に出ることもできないとか、
ちょっと狭すぎ、詰め込みすぎ ですよね。

久々にこんなに長時間のフライトで、目の前に食べ物が出てきて、さあどうぞ、と言われても
そりゃあもちろん頂きますけど
飼育されている家畜のようでなんか空しい気持ちにもなってくるのでした。


食べる物を食べ、何度目かのウトウトとしていたら、予定より若干早く
飛行機は着陸態勢に入っていったのでした。


・・・つづく?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter