FC2ブログ

下りてきた紅葉

下りてきた紅葉
2018.10.28 11:14 吾妻小富士


紅葉、黄葉がたいぶ里まで下りてきました。
もう平地でも見ごろと言っていいですかね。






スポンサーサイト



東吾妻山頂ライブカメラ

東吾妻山頂ライブカメラ


浄土平ライブカメラ(福島県)は停止してしまったようですが、
気象庁が東吾妻山山頂に設置した火山監視用カメラの画像が公開されています。

辺りを覆っていた霧(雲)が晴れて、今日初めて画像を見ることができました。
こういう風に映るんですね。

上のは、私が説明を追加したものです。
見えてないけど、画面左下に鎌沼、右下に浄土平、吾妻小富士などが望める東吾妻山頂。 標高1975m


その気になれば(予算さえあれば)、厳しい山頂にもライブカメラが設置できる時代。。
よく、一切経山頂にライブカメラを設置して五色沼を見られるようにしてほしい、
「魔女の瞳」の開眼を確認したい
というご要望がありますが、技術的には可能なのでしょうが、維持管理を含めて誰が面倒を見るの? 予算はどこから?
等々現実的な課題もあるし、苦労して登山の末、初めて出遭えるという価値も下がりますよね。
防災とか学術的な目的もないと設置許可も下りないでしょう。

なんでもお茶の間でお手軽に楽しもうなんてさもしい考えはやめましょうー
とか言いつつ、一切経山山頂にライブカメラが設置されたら
間違いなく毎日チェックするでしょうね、私なんかは。 さもしいので。。








久々高湯ゲート

久々高湯ゲート
2018.10.26 磐梯吾妻スカイライン・高湯ゲート


先月の通行止め後、高湯温泉までは何度か来ていますが
高湯不動滝用の駐車場から、このゲート前を久々に訪ねてみました。

ちょっと先の登山口や、高湯温泉街が見えるところまで散策してみようと思ったら
ゲートのところに警備員がいて、立ち入りはNGだ 的なことを言われ
まあ、どうしてもという用事でもないので素直に はい、そうですか。と引き下がってきました。

手前の旧ゲートのところにバリケードがあって、そこにも係員が待機していますが
ここにもいるとは思いませんでした。
この奥で砂防工事か何かやっているので工事車両の出入りはあるのでしょう。

登山道は入ってもいいのだから、
人も入ってはイケナイ という対応はちょっと違うのではないかと思います。

火口周辺1.5kmの規制に対して、5km以上離れている高湯ゲートから全線通行止めという対応が
そもそも大げさなのではという意見もある中で、 
ささやかな登山者の楽しみをこれ以上制限しないでほしいものです。。


バイク × 滝

バイク × 滝
2018.10.26 9:07 高湯不動滝入口


今日はバイクで不動滝。

一昨日、行くつもりで準備していたんですが、雨が降ってきたのでやめました。
バイクで滝見、わりとよく行っている気がする。 

紅葉は、見ごろです。 




続きを読む

地震ときどき微動

地震ときどき微動
2018.10.23 6:36 一切経山ライブカメラより


気象庁発表のデータを元に、吾妻山の火山性地震発生回数をグラフ化してみました。

9月15日のレベル2への引き上げ後、しばらく発生回数の少ない状態が続いたので
これが続けばシーズン終了までに再開も?! とちょっと期待もありましたが、
地震が少ない日でも火山性微動が発生したり(9/15、9/19、10/21。 10/7にも微動1回)、
噴火警戒レベル引き下げには 火山性微動が1ヶ月程度起こっていない といった基準があるそうなので
ニュースにも取り上げられていましたが、10月21日に火山性微動があった時点で
あ、今シーズンは終わったな… と観念したのでした。


先月の草津白根山のように、活動が落ち着いたとの判断で、ようやく噴火警戒レベル1に引き下げられたと思ったら
1週間でふたたび「2」に引き上げ、という
活火山相手ですから、当然そういうこともあり得るわけですけれども
頻繁なレベルの上げ下げは、その都度対応する現場の人々にとっては
かなり疲労することと思います。


11月16日からは磐梯吾妻スカイラインの冬期閉鎖期間に入ります。
来春までは何もなくても冬眠なので
一喜一憂せずに過ごせるかなと思っています。




交錯する飛行機雲

交錯する飛行機雲
2018.10.22 16:27 


今日は青空に飛行機雲が幾筋も。 空に大きな× バッテンが描かれたりもしていました。

この2本は見かけ上 バッテンに見えているというより、実際に交差してませんか?
時間差があるから大丈夫ですが
同時に、まったく同じ高度だとすると衝突も?!


福島上空は飛行機の往来がけっこう多いですよね。
夜、星の写真を撮っていると飛行機の軌跡が写りまくりで、けっこう邪魔だったりします。。



ライブカメラ停止?

ライブカメラ停止?


磐梯吾妻スカイライン通行止め後も稼動していた浄土平ライブカメラ
この画面を最後に、更新されなくなりました・・・

ついにこのカメラもシーズン終了でしょうか。
何気に不定期なライブカメラなので、ふとした時に復活したりすることもあるのかもしれません。

その他のライブカメラは通年稼働しています。
あ、不動沢ライブカメラはそのうち止まるかな。



10月のセルフィー

10月のセルフィー


月夜の晩に、そこはかとなく フォースを感じました。 ヽ( ´_`)丿



ISS HD Earth Viewing Experiment

ISS Earth Viewing


ISSからの生中継 


宇宙なんだから当然だけど
天気がいつも安定していていいなあ。


山と星

山つながり


山つながりで。 最新刊3冊。

表紙の質感、手触りは3冊ともいっしょです。 書店で触ってみてくださいw






続きを読む

雲照小富士

雲照小富士
2018.10.17 16:29 


雨上がり、雲間から吾妻小富士が短時間、姿を見せた。



PNエッセイ背景写真

エッセイ背景写真
パークナビ『浄土平・裏磐梯』 P36-37 背景写真



今宵もパークナビの話題 (^^ゞ

ここにも書きましたが、大野裕明さんのエッセイ (浄土平 スターウォッチングの楽しみ)ページの背景が、
この写真になっています。
撮影は2014年6月30日 

この夜は福島市内で開かれた日本公開天文台協会 全国大会出席の皆様にご来浄いただいたので記憶に残っています。
まさか晴れるとは思ってなかったのに、素晴らしい星空となりました。

この当時、右端に写っているビジターセンターの外壁の一部が破損して白い下地が露出して目立っていますよね・・・
それがちょっと恥ずかしいなと思う写真です。
そして大野さん執筆のページに、私の写真?? というのも畏れ多いことです。

実際にこのページを開いて見てください。
背景ですから、目をひく必要はまったくなく、引き立て役になっていればよいのだと思います。


そんな パークナビ『浄土平・裏磐梯』、アマゾンでの取り扱いも始まりますよ。


View

View P16-17



今夜もパークナビの話が続きますが、
最初のほうにある View 「美しい浄土平の景観」ページにも私の撮った星空の写真を使っていただきました。

・・・私のほうで「コレを使って!」と指示したり、指定したり、圧力をかけたりするワケではなくて
最初に編集者にまとめていろいろな写真を送って、その後はお任せでセレクトしてもらいます。
なので、表紙もそうでしたが
意外な選択があったりして、自分では客観的な選択ができなかったりするので、面白いところかもしれません。

ちなみに選ばれたからといって、私にギャラが入ったりすることはナイです。
写真データを提出したのも去年の話で、どんな写真を送ったのかも覚えていなかったりします。
不足する写真を発行直前まで探したり、校正も9月上旬までしてましたので
(昨年8月のビジターセンターリニューアルの時もそうでしたが、)なかなか苦労します。


続きを読む

PN表紙写真

パークナビ表紙写真
2016.10.15 21:13 


パークナビ『浄土平・裏磐梯』 の表紙に大抜擢されたこの写真。

2年前に撮ったものです。
星景写真としての完成度というか上手い下手はとりあえず置いといて、本の表紙として
浄土平らしいとか 印象的だと おおむね好評に受け入れられているようなので
まずはホッとしています。

10分露出ですが、もっと長くしたかったとか
飛行機の軌跡が邪魔、とか思うところはあるわけですが
撮っておいてよかったのかなと。



続きを読む

K-1その後

PENTAX K-1 ボディ


K-1 II 相当へのアップグレードサービスと同時に、
どうしても使えないアストロトレーサーについて点検を依頼していましたが
リコペンさんから電話連絡をいただきまして、

「基盤交換修理が必要です。 料金は21,600円(税込)です」 と・・・

う。。 と一瞬躊躇しましたが、まあ仕方ないので修理することにしました。

アストロトレーサーを最初に試してみたのがいつだったか定かではありませんが、
とにかく購入後から一度も作動したことがなかったので
これは自分の使い方が何か間違っているのか? と自分を疑いつつ
別のカメラもあるため、そっちを使ったり
短時間の固定撮影でごまかしたりしてきましたが、そもそも「初期不良」だったとしたら
新品の保証期限内に見てもらうべきでした・・・。


一方、発送した当初は、事前予約ナシだったので 2ヶ月待ちを覚悟していましたが
来週には戻ってくるみたいです。
預けてから3週間ですね。

K-1 II 相当に向上した分の性能が私に必要なのかどうかは不明ですが
アストロトレーサーが直ってくるのは楽しみです。
これこそPENTAXオンリーの機能ですからね。(ほかにもオンリーワンの機能はありますがー)
機会を見て、試してみたいと思います。 






中津川渓谷

中津川渓谷
2018.10.10 14:46 中津川渓谷(磐梯吾妻レークライン)の紅葉


行商のみぎり(?)、裏磐梯からの帰り道、レークラインを通ってみました。
全体的には 色づき始め、くらいでしょうか。

裏磐梯周辺と磐梯吾妻スカイラインをセットで訪れる方が多いですが、
この秋はスカイラインは通れないので
その分、人、クルマの流れが変わるでしょうね。 今日はまだ落ち着いていましたが。


いちばん混雑する時期に裏磐梯を訪れたことがないので
スカイラインの大渋滞しか知りませんが
紅葉最盛期にスカイラインが全線通行止めだったことは開通以来なかったことと思いますので
おそらく、観光に異状アリ。
安達太良山も例年より賑わっている印象があるのですが、吾妻山(浄土平周辺)に登れないせいもありそうです。

今日は吾妻も、安達太良も、磐梯山も 雲に隠れて見えませんでした。


行商

土湯の黄葉15:33 土湯の黄葉


高湯温泉~土湯温泉をハシゴ。
といっても温泉めぐりではなく、本を担いで。





続きを読む

What Do You Mean?

実りの秋2018.10.07 22:03


刈り取り前にかろうじて間に合いました。 実りの秋の吾妻山。

9年前にも同じテーマでブログに載せていますが、この時は中秋の名月だったらしい。
今夜は新月前。 なので、天の川も添えることができました。

この周りの田はすでに稲刈りが終わっていたので、ここも もしかしたら明日には刈り取りかもしれません。


じつは9年前の写真、当時めずらしく何かのコンテストに応募してみたのですが
何の反応もなかったです・・・
まあインパクトはないかもですね。



続きを読む

遠き山に

遠き山に
2018.10.06 17:15 西空の吾妻山
2018.10.06 7:34 不動沢ライブカメラ、 2018.10.05 11:02 浄土平ライブカメラ



噴火警戒レベル引き上げから、21日
近くて遠い吾妻山

今朝は雲海の上になっていたようです
下界から山は見えませんでしたが、ライブカメラで見ると青空。 不動沢からは一面の雲海。

次第に晴れてきて 下界は30℃近くまで上がり、
3連休初日ですから、何事もない状態なら、磐梯吾妻スカイラインは相当な混雑になっていた はずです。


この時期に誰もいない浄土平は不思議な感じ。



リニューアル

HPリニューアル

一般財団法人自然公園財団 浄土平支部トップページ


HP関連が続きますが、こちらは公式ページの話です。
今日の夕方、リニューアルオープンです (ようやく・・・)

従来のページは、スマホ閲覧をとくに考慮されていませんでしたが
今どきはPCよりもスマホやタブレット端末でさくさく見る方が多いようですね。
その点、タップしやすく たぶん、操作しやすくなったと思います。


・・・私は進化に遅れをとっているので、基本的にはPC閲覧なんですけど。
というか見るだけならスマホでも大丈夫ですが、
書く、文字・写真等を入力する となるとPCでないとできないです。。


リニューアル「浄土平・吾妻山」 HPは、まだ整備途上なところがありますが
そして現地閉鎖中のため自然情報などもアップできない状況ですが
おいおいご活用ください。

ページが消える?!

ページが消える?!


浄土平.com のトップページに利用しているYahoo!ジオシティーズが
来年 2019年3月末でサービスを終了するという。

これは面倒なコトになった。。

まあ、どこかに引越しすれば同じように使えるのだろうけど、
引越し自体が面倒な気がするし、かといって放置しておいたら消えてしまう。

こういうホームページサービスって、利用者がどんどん減っているのだろうか。
浄土平.com を見ている人なんて、ほとんどいないでしょうが、私は
とりあえずこのトップページに関連する情報サイトを集約しているので、無くなると不便になります。

joudodaira.com というドメインまで取得しているんですからね .゚+.(・∀・)゚+.





PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter