FC2ブログ

夏の小富士

夏の小富士
2016.06.27 7:34 福島市内から見る吾妻小富士


下界で過ごす一日。
じりじりと夏の紫外線が照り付けています。

吾妻小富士もすっかり夏の姿。







スポンサーサイト

觔斗雲

觔斗雲
2016.06.26 19:41 


觔斗雲 または 筋斗雲!? 福島の南空に不思議な雲が現れた。

・・・上空の強風を示す雲ですね。

(上下反転しております)




新旧看板

新旧看板
2016.06.23 10:53


まだ白いヴェールに包まれていますが、吾妻小富士の新しい看板が設置されていました。
まだこれから細工があるようです。


手前には、移設されているこれまでの黒い看板が。
新旧2つの「吾妻小富士」看板を同時に眺めることができるのは今だけ! です。



消えゆく登山道・・・

廃道・・・


利用者は少ないながら、趣のあるクラシックルートの微温湯登山道が
いつの間にか、ひっそり“廃道”扱いになっていたことを知り、ちょっと驚いています。

管理の手が回らないし利用者も少ないからー という理由なのでしょう。 (←憶測)
浄土平の直前では火山性ガスの心配もなくはありません。

今後草刈なども行われなくなり、地図からも消えてしまうようになると
藪となって本当に消えゆくことになってしまうのでしょうか。
福島市側からの最短ルートでもあり、残念に思います。 そういう私も10年くらい歩いてないけど。。。

微温湯温泉の宿泊客の中には、この道を登山するつもりで訪れている方もあるのではないしょうか?


こういうクラシックルートは浄土平周辺に何本かあって、
愛好家の手によって細々と手入れ、維持されている現状があります。
立入禁止でなければ、知る人ぞ知る的な静かなルートがバリエーションとして存在するのは
愉しいことなのかもしれません。
むしろ、そういうトコしか行きたくない、というツワモノ登山者もけっこういるみたいだし。



仕事柄、ボランティア任せにしないオフィシャルな管理を
継続してきちんとやっていきましょうよ、と考える習慣なので
微温湯登山道のように公的な管理対象から除外されたと聞くと、 えー なんで?! と思ってしまうのですが。



続きを読む

表札

新しい看板、到着
2016.06.21 13:25


トラックの荷台に乗せられて、吾妻小富士の新しい看板が到着しましたよ。

設置は、数日後か。
オシャレなデザインになりそうですよ。 ^^


再開通日が決まる

昨年9月の関東・東北豪雨のときに谷側の一車線が崩落し、その復旧工事のため
5月9日から完全に通行止めとなっている磐梯吾妻スカイラインの浄土平~不動沢間(6.8km)ですが、
その解除、再開通予定日について発表がありました。

詳しくは こちら (福島県道路管理課HP)


7月21日(木) 午前7時~ 不動沢→ 浄土平への上りが復旧。
7月28日(木) 午前7時~ 上下線とも全面復旧   

※ スカイライン全線、毎日17時~7時の「夜間通行止め」 は継続です。 (←これは噴火警戒レベル2に伴う規制なので)

苺満月

Strawberry Moon
2016.06.20 19:21 Strawberry Moon?


今夜は満月、明日は夏至。

この時期の満月は高度が低くて赤っぽく見えるということで、ストロベリー・ムーンというんだってね。
なんとかムーンという新しい呼び方が最近いろいろ出てきます。

ならば チェリームーンとか、8月なら ピーチムーンとか、9月なら ペアームーンとか
福島らしいフルーティな呼び名を勝手につけてもいいんじゃないかなw


そういや、芋名月、栗名月とか 日本的満月の呼び名も昔からありましたね。
中秋の名月限定か?

 




綿ノ海

綿ノ海
2016.06.19 13:03


カメノコテントウが覗きこむ 綿ノ海 (四股名ではありません)。 
綿の中に種ができていることも分かりますね。   
やがて風に乗ってふわふわ飛んでいきます。


#ミネヤナギ



紅花一薬草

ベニバナイチヤクソウ2016.06.19 13:01


ベニバナイチヤクソウ ヾ(・∀・)ノ


グミの花

グミの花
2016.06.18 10:31 


存在に気付いて以来、グミっぽいけど、この木なんの木? と気になっていた木。
花は初めて見たように思います。

秋、実のつき方から見ると 「マルバアキグミ」 かなと思いましたが、分布が異なるようです。
「ツクバグミ」 は分布からいうとあってもおかしくないですが、実のつき方がちょっと違う気がー

というわけで、まだ判然としないのですが
道路沿いなので他所から持ち込まれた可能性もありますし
とにかく、秋になる実がおいしそう という点で気になる存在です。





今夜の月

2016.06.17 今夜の月
2016.06.17 19:48


例のK-1傷つき問題対応で部品交換修理に出していたSIGMAの望遠ズームレンズが返ってきたので
記念に月を撮る。

10日くらいで戻ってきました。 これで安心して使用できます。
SIGMAさん、ありがとうw


トリミングなし。 フルサイズだと500mmの望遠でも月はこのくらいの大きさです。



天空石段

天空石段
2016.06.17 13:00


リニューアル工事が続く吾妻小富士登山口

エントランスの石段が完成して歩けるようになりました。
あ、ずっと上まで続くわけではありません。 石段は下のほうだけです。


傷みのひどい階段が直るのは数年先でしょう。



花束を君に

花束を君に2016.06.17 13:00


今年もオダマキ、立派に咲いています。

しつらえたように何故かここだけに・・・。

高山の強風、低温、、それなりに厳しい環境だと思うのですがすっかり定着してしまった感があります。


不動沢幻想

不動沢幻想
2016.06.14 15:35 



標高1200m、濃霧の不動沢に淡い橋の影が浮かぶ。
ここを渡る車はなく、訪れるのは山猿くらい。




水玉天国

マルバシモツケ
2016.06.14 13:03


梅雨入り2日目。
浄土平は二日連続で霧の中。 湿度100%と言ってもよい空気の中で、木々にも花々にも水滴がコロコロ。
日差しがなく、10℃ない気温なので蒸し暑い感じは一切ありません。 (むしろ寒いです・・・)



もうじき咲きそうな マルバシモツケにも、




続きを読む

浄土平散歩

吾妻小舎
2016.06.11 12:51 前日の下見 (吾妻小舎)


浄土平ビジターセンターでは今年から定期開催のミニ自然観察会 『浄土平散歩』 が始まりました。

初回の今日は、「モンモ」初夏号を見て申し込みされた女性2名が参加。
紹介記事には私が載っていましたので、ああこの人だ、となったみたいで。 今回のガイド担当は私でした (´∀`*;)ゞ


参加記念にラビカ缶バッジを1個ずつ差し上げて、浄土平~桶沼、兎平散歩に出発。
前日に下見して、お目当てのものが見られるルートを想定しておきました。

以下、観察したもの、紹介した話題など

咲き始めたイソツツジ、 マルバシモツケ、 ワタスゲの果穂(花の話)、池塘(水不足の話)、
ナナカマド、川底の赤い塩ノ川
セイヨウタンポポ(外来種)、イワカガミ、吉永小百合さん(JR東日本ポスター)、リンドウの葉
ヤマタヌキラン、 ハナゴケ、ウマスギゴケ、 木道の天然シイタケ、チングルマ 
ツマトリソウ、スミレ、マイヅルソウ、ヒロハツリバナ、 ウグイス、 松ぼっくり(ホシガラス)、カモシカの溜めフン、
ムシカリ、エンレイソウ
桶沼展望台にて、沼の水深、透明度、いきもの(魚影)、紅葉時期、水源の話など。
シャクナゲの説明(ハクサン、ネモト)
登山道・散策路管理の話、ムラサキヤシオ、サラサドウダン、ギンリョウソウ
小舎の前のネモトシャクナゲ、イワカガミ、

吾妻小舎では、予定外に管理人高橋さんがお茶とお茶菓子のサービスをしてくれたので、小屋の前で小休止♪

その後、まっすぐ浄土平VCまで戻る。 12時すぎ、終了。
ハナヒリノキ、栂平のコバイケイソウ、アカミノイヌツゲ、 スカイライン・浄土平の利用状況の話など。


続きを読む

渇水?

2016.05.02 2016.06.11
左: 2016.05.02   右: 2016.06.11


1ヶ月ほど前は鎌沼周辺から滔々と雪融け水が流れ込んできていた浄土平湿原の沢。

雪が少なく、雨も少ない今シーズンは、このようにすでに涸れました。
湿原内の池塘も一部、すでに干上がっているものが見られます。 
鎌沼の水位も下がっているとか。


まだ分かりません。
これから梅雨。 しっかりと雨が降れば回復してくれるかもしれませんが
渇水、水不足には注意していかなければならないと思います。





更紗満天星

更紗満天星
2016.06.11 12:45


アンティークなランプシェードのよう。




ピンクに染まる

吾妻小舎前のイワカガミ
2016.06.11 12:52


かたまって咲く。

この一角だけ、不自然なくらいに群生する吾妻小舎前のイワカガミが満開です。






赤に染まる

コボスタ宮城
2016.06.10 17:22 


4年ぶりに行ってまいりました、コボスタ宮城。
今回はマイカーで、福島から約100km。

初めてではないものの久しぶりなので 発券機や入口ゲートを探すのに行ったり来たり、
球場外周を2周分くらい歩きましたかね… (。>ω<。)ノ
いつも人の少ない場所に生息していますので、久しぶりの人波にも参りました。。


交流戦。 現在、セ・リーグ首位の広島 対 パ・リーグ最下位の楽天
チケットを買う際、 どっちを応援するんだ、自分?! と一瞬自問自答したものの
やはり広島の対戦相手に声援を送る自分の姿というのは想像できず、
真っ赤に染まったカープ応援席 (ライト側、外野席)で観戦しましたよ。 当然といえば当然です(*・`ω´・)ゞ


黒田サンの雄姿も見られたし、
初回から得点を重ねて、安心して見ていられる展開でした。 結果6 - 0で勝利!!


とか言いながら私、 広島カープの試合を生で観戦するのって
考えてみると40年ぶりくらいだったかも知れないのです。

昔、旧・広島市民球場に連れて行ってもらって以来かも。。。 
人生史上? 記念すべき出来事といえるかもしれない、今日のコボスタ宮城なのでした~


そんな状態ですから、各選手の応援歌とか知らないし
熱い応援スタイルに付いていけてないところもあったりしましたが  (T_T)
もっとも優勝から遠ざかっているチーム、広島。 今年こそは、と祈念しているファンの一人です。



続きを読む

ダット

逃げる子うさぎ
2016.06.05 8:24


脱兎の如く、 というかそのものですが、今朝、スカイラインのカーブで子うさぎ に出会いました。

追いかけるつもりはないのですが、車の進行方向に向かって逃げていくので
結果的に 少しの間、脱兎を追うような形に・・・

この子もどっちに逃げ込むべきか迷っている風でした。
まだ子どもだったせいか、ジャンプ力はあまりなかったような。。

この状態でもおそらく、うさぎは後方確認ができているのでしょうね。


小富士階段工事中

吾妻小富士階段工事中
2016.06.04 13:05 


現在、吾妻小富士の登山口付近を直しています。
→ 別角度から


完成予想図がないので全体像がよく分からないのですが
少しずつ工事が進み、新しい階段が姿を見せつつあります。


15年に一度とか、滅多にないリニューアルの機会です。
完成を待ちつつ、
完成後、歩きやすい状態をいかに維持していけるかが大事なところかと思います。


朱色の共演

朱色の共演
2016.06.02 20:36~21:16


軌跡が延びると星座の形は分かりづらいですが
さそり座の頭付近で 火星、土星、そして1等星アンタレスが朱色の光で共演中。

久しぶりによく晴れた夜です。
7,530万kmまで接近した火星と、輪の大きく開いた土星、やはり望遠鏡で見てみたいですね。



綿菅畑

綿菅畑
2016.06.01 12:44 


一面のワタスゲが広がる浄土平湿原にて。


新緑ドライブ

新緑ドライブ
2016.06.01 8:21


朝の磐梯吾妻スカイライン。 もうすぐ浄土平。 
気温5℃、強風の寒い6月スタートでした。







PROFILE

あさお

Author:あさお
http://joudo.jugem.jp/?pid=1

メールはこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=688002

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS LINK 
QR CODE
QR
ACCESS COUNTER
Twitter